>  > 暗いくらいがいいのかな

暗いくらいがいいのかな

明るい風俗嬢の方が楽しい時間を過ごせるって思っていましたけど、もしかしたら暗い風俗嬢もそれはそれで悪くはないんじゃないかなって思ったんですよね。なぜなら、暗い雰囲気の方が自分との距離感が近いというか独特というか。前回お世話になったのがそんな感じの子だったんです。風俗店のホームページの写真を見る限りでは普通というか、それなりに可愛い子だなって思ったんですよ。でも実際の彼女は暗い雰囲気。でもそれがミステリアスというか、影を感じさせて楽しめました。明るい女の子も悪くはないんですけど、こういった暗い雰囲気の子と密会をしているかのような、それこそまるで何かいけないことでもしているんじゃないかって雰囲気はそれはそれでスリリングで楽しいものなんじゃないかなとも思いました(笑)さすがに性格が暗そうな女の子をピンポイントで狙い撃ちするのは難しいと思いますけど、今後は暗い女の子との遭遇も楽しみになってきたかなって。

ランニングで向かう場所

夜、たまにですけどランニングしているんです。あまり汗をかかない程度というか、行先までは軽くランニング。そしてことを済ませてからは本格的なランニングです。ではその行先とはどこかといえば風俗なんですよ(笑)ランニングで風俗に行く男はあまりいないと思いますけど、ランニングで行ける距離に風俗があるんです。だからそこで抜いてもらうんです。ランニングウェアで足を運ぶと大抵女の子は驚いてくれるので、それを狙っている部分もありますね。そして女の子に抜いてもらって、そこからは本格的に走るんですけど、逆のケースもあります。行きに本格的に走って、帰りはマイペースの時もありますね。シャワーや快感のことを考えるとそちらの方が合理的ではあるんですけど、気持ちよくなった後にはテンションが高まるので走りたい気持ちになるんですよね(笑)これが出来るのは走って行ける距離に風俗があるからこそだと思うので、近くにある人は一度試してみては?

[ 2017-04-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談